Press "Enter" to skip to content

Author: Morimoto

江端代表が信州大学で中村学長、向理事(コアファシリティ推進室長)、杉原総長補佐・学術研究支援本部長ほかコアファシリティ関係者のみなさまと意見交換を行いました(2022.07.12)

・信州大学の杉原総長補佐・学術研究支援本部長、平田教授、中田准教授 他と地域の中核大学におけるコアファシリティ、研究戦略、産学・地域連携戦略、研究基盤戦略などを議論しました。

・信州大学の中村学長、向理事とオールジャパンの技術人材育成のあり方、地域中核大学における人材育成など議論しました。

Comments closed

コアファシリティ構築支援プログラムシンポジウム@琉球大学~地方大学における研究基盤の在り方とは

本シンポジウムは、地方大学が、それぞれの地域の強みを生かすために必要な研究基盤の整備・運用や、地域ネットワークにおける役割を考え、地方・地域貢献に資する大学としての研究基盤の在り方について議論します。4つの地方大学における研究基盤環境や運用状況、地域ネットワークとの連携等を紹介し、研究基盤運用・整備における方針や評価指標等を考えます。

 日時:令和4年7月29日(金)10:00〜12:00
 場所:琉球大学50周年記念館 & Zoomオンライン
 対象:学内外のみなさま(無料、事前申込制)

ちらし

申し込み

Comments closed

【文科省】研究開発基盤部会(第13回)の開催について

日時:令和4年7月8日(金曜日)13時00分~15時00分
場所:オンライン開催
議題:
1. コアファシリティ構築支援プログラムの中間評価の進め方等について
2. 研究設備・機器の共用に関する施策の現状等について
3. その他

・傍聴を希望される方は、7月7日(木曜日)17時00分までに、「会議傍聴受付フォーム(こちらをクリック)」から御登録ください。
・オンラインのアクセス情報等につきましては、御登録のメールアドレスへ7月7日中にお知らせいたします。
・本審議会の配布資料につきましては、当省ホームページにて7月8日(金曜日)13時00分頃に掲載する予定です。
・議事録は、後日当省ホームページに掲載する予定です。

LINK

Comments closed

第5回 大学技術職員組織研究会(飯塚会議)開催のご案内

〇開催方法 ハイブリッド方式「オンライン(参加者)+現地(会議運営者)」
〇開催日時 令和4年3月14日(月)11時~
〇参加申込 大学技術職員組織研究会( https://tosg.net/event-20220314/ )
※接続情報は登録完了メールにてお知らせしますので、ご確認いただくようお願い致します。

〇共催 九州工業大学 飯塚キャンパス技術部 
〇後援 研究基盤協議会
    研究・イノベーション学会 研究基盤イノベーション分科会

〇プログラム概要
開会
 11:00~
第1部
 11:10~ 2021年度総会
第2部
 13:30~ シンポジウム
 ・講 演
  「大学等における研究設備・機器の共用化のためのガイドライン報告」
 ・ディスカッション1
  「ガイドラインから考える技術職員像」
 ・ディスカッション2
  「中堅技術職員が思う理想の組織と働きかた」

Comments closed

大阪大学 研究設備・機器共用シンポジウム~部局や機関の枠を越えた連携協力を目指して~ 開催のご案内

日  時:令和4年2月1日(火)13:00~16:45
開催方法:オンライン開催(Zoom Video Webinar にて開催)
定  員:500名(参加費無料)
申し込み:申込フォームからお申込みください。
申込期限:令和4年1月31日(月)

プログラム
・開会挨拶
・シンポジウムの趣旨説明
・基調講演
・大阪大学コアファシリティ構想について「文部科学省 先端研究基盤共用促進事業(コアファシリティ構築支援プログラム)」概要説明
・阪奈機器共用ネットワークについて~各機関の取組概要紹介
・大阪大学先端研究設備プラットフォームについて~各プラットフォームの取組概要紹介
・閉会挨拶

※申し込みの際にいただいた個人情報は、本シンポジウムに関するご連絡にのみ使用させていただきます。

Comments closed

IRIS研究基盤イノベーション分科会 共催シンポジウムのご案内 JST-CRDS/IRIS共催シンポジウム@JASIS WebExpo® 「これからの先端研究機器 -新たな機器開発エコシステム形成へ向けて-」

 研究基盤イノベーション分科会では、JST-CRDSとの共催シンポジウムを下記の通り開催いたします。IRISでは、大学等における研究施設・設備・機器・技術といった「研究基盤」の戦略的な整備について、対話の場を提供してきておりますが、今回は研究機器開発まで視野を広げ、機器開発研究者や産業界、利用研究者・技術者の協力のあり方などを探ります。
 ぜひ多数の方にご参加いただき、活発な議論の素としていただけましたら幸いに存じます。

1.開催日
 2022年2月16日(水) 13:30-17:30


2.開催方法
 JASIS2021 WebExpo®にてライブ配信 ※オンラインのみ


3.主催
 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 研究開発戦略センター(CRDS)
 研究・イノベーション学会 研究基盤イノベーション分科会(IRIS)

4.開催概要
 「これからの先端研究機器 -新たな機器開発エコシステム形成へ向けて-」
先端技術・機器開発に求められる新しい産学連携のかたちとは。
先端科学技術の芽を創出するアカデミア、技術を実装し機器を具現化する産業界、利用研究者・技術者との接続点でもある共用プラットフォームとがつながる、機器開発の新しいエコシステム形成へ向けた展望を語る。
 詳細はこちら

5.視聴方法
・シンポジウムの聴講には、JASISメンバー登録のうえ、JASIS WebExpo®へのログインが必要です。
 JASIS WebExpo®
・JASIS WebExpo®へのログインページで「JASISメンバー登録メニュー画面へ」をクリックし、メンバー登録をおこなってください。
・JASIS WebExpo®にログイン後、エントランス画面左上の「LIVE配信」バナーから視聴ページへとお進みください。
※JASISメンバーへの登録およびシンポジウム聴講は、無料です


Comments closed