Press "Enter" to skip to content

研究基盤イノベーション分科会 Posts

大阪大学 研究設備・機器共用シンポジウム~部局や機関の枠を越えた連携協力を目指して~ 開催のご案内

日  時:令和4年2月1日(火)13:00~16:45
開催方法:オンライン開催(Zoom Video Webinar にて開催)
定  員:500名(参加費無料)
申し込み:申込フォームからお申込みください。
申込期限:令和4年1月31日(月)

プログラム
・開会挨拶
・シンポジウムの趣旨説明
・基調講演
・大阪大学コアファシリティ構想について「文部科学省 先端研究基盤共用促進事業(コアファシリティ構築支援プログラム)」概要説明
・阪奈機器共用ネットワークについて~各機関の取組概要紹介
・大阪大学先端研究設備プラットフォームについて~各プラットフォームの取組概要紹介
・閉会挨拶

※申し込みの際にいただいた個人情報は、本シンポジウムに関するご連絡にのみ使用させていただきます。

Comments closed

IRIS研究基盤イノベーション分科会 共催シンポジウムのご案内 JST-CRDS/IRIS共催シンポジウム@JASIS WebExpo® 「これからの先端研究機器 -新たな機器開発エコシステム形成へ向けて-」

 研究基盤イノベーション分科会では、JST-CRDSとの共催シンポジウムを下記の通り開催いたします。IRISでは、大学等における研究施設・設備・機器・技術といった「研究基盤」の戦略的な整備について、対話の場を提供してきておりますが、今回は研究機器開発まで視野を広げ、機器開発研究者や産業界、利用研究者・技術者の協力のあり方などを探ります。
 ぜひ多数の方にご参加いただき、活発な議論の素としていただけましたら幸いに存じます。

1.開催日
 2022年2月16日(水) 13:30-17:30


2.開催方法
 JASIS2021 WebExpo®にてライブ配信 ※オンラインのみ


3.主催
 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 研究開発戦略センター(CRDS)
 研究・イノベーション学会 研究基盤イノベーション分科会(IRIS)

4.開催概要
 「これからの先端研究機器 -新たな機器開発エコシステム形成へ向けて-」
先端技術・機器開発に求められる新しい産学連携のかたちとは。
先端科学技術の芽を創出するアカデミア、技術を実装し機器を具現化する産業界、利用研究者・技術者との接続点でもある共用プラットフォームとがつながる、機器開発の新しいエコシステム形成へ向けた展望を語る。
 詳細はこちら

5.視聴方法
・シンポジウムの聴講には、JASISメンバー登録のうえ、JASIS WebExpo®へのログインが必要です。
 JASIS WebExpo®
・JASIS WebExpo®へのログインページで「JASISメンバー登録メニュー画面へ」をクリックし、メンバー登録をおこなってください。
・JASIS WebExpo®にログイン後、エントランス画面左上の「LIVE配信」バナーから視聴ページへとお進みください。
※JASISメンバーへの登録およびシンポジウム聴講は、無料です


Comments closed

第9回北海道大学オープンファシリティシンポジウム開催のご案内

日時:2022年1月21日(金)13:00~17:00(受付 12:30~)
開催方法:オンライン開催(Zoom)
主催:北海道大学グローバルファシリティセンター
共催:北海道大学大学力強化推進本部

詳細につきましては、ホームページをご確認ください。

参加登録はシンポジウム専用申込フォームからお願いします。【申込締切:1/20(木)】
*お申込みいただいた方に、後日WEB配信接続URLをお送りいたします。

Comments closed

研究基盤EXPO 2022のご案内

2022年1月26日(水)13時30分~
令和3年度 先端研究基盤共用促進事業シンポジウム

2022年1月27日(木)13時30分~
第1回 研究基盤協議会シンポジウム

2022年1月28日(金)13時~
第2回 研究基盤イノベーション分科会シンポジウム

研究基盤EXPO 2022特設サイトはこちら

Comments closed

国立大学経営改革促進事業シンポジウム~世界最高水準の教育研究の展開へ向けて~

開催日時:2021年11月30日(火)13:15 – 17:35
開催方法:オンライン(Zoomウェビナー)
参加費:無料
定員:1,000名(事前申込制)
申込方法:参加ご希望の方は、登録フォームよりご登録をお願いします。
申込締切:2021年11月29日(月)17:00
主催:東京工業大学
共催:東北大学、名古屋大学
後援:文部科学省

詳細リンク

〇プログラム
12:30 – 13:15 受付
13:15 – 13:20 開会挨拶
 益 一哉(東京工業大学学長)
13:20 – 13:45 来賓挨拶
 甘利 明(衆議院議員)
 渡海 紀三朗(衆議院議員)
 後藤 茂之(衆議院議員)
 増子 宏(文部科学省高等教育局長)
13:45 – 14:00 国立大学経営改革促進事業の成り立ちと今後の展開
 上山 隆大(総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)常勤議員)
14:00 – 15:35 パネルディスカッション「国立大学法人における経営改革の主眼」
 パネリスト
 大野 英男(東北大学総長)
 松尾 清一(名古屋大学総長)
 永田 恭介(筑波大学学長)
 上山 隆大(総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)常勤議員)
 益 一哉(東京工業大学学長)
 ファシリテーター
 佐藤 勲(東京工業大学総括理事・副学長)
15:35 – 15:45 休憩
15:45 – 17:30 国立大学経営改革促進事業採択校による取組紹介
 東北大学、筑波大学、東京大学、名古屋大学、京都大学、九州大学、北海道大学、東京工業大学、大阪大学
17:30 – 17:35 閉会挨拶
 堀野 晶三(文部科学省国立大学法人支援課長)

Comments closed

大学等における研究設備・機器の共用化のためのガイドライン等の策定に関する検討会(第1回)が開催されました

1.日時
  令和3年8月26日(木曜日)16時00分~18時00分
2.場所
  オンライン(Cisco Webex)開催
3.議題
  1)公開の取扱いについて【非公開】
  2)大学等における研究設備・機器の共用化のためのガイドライン等について
  3)その他

  配布資料、詳細はこちら(文科省HP)

Comments closed

研究基盤イノベーション分科会 令和3年度第4回例会のご案内

研究基盤イノベーション分科会 令和3年度第4回例会を下記の通り開催いたします。今回は、大阪大学の財務部平生氏、および、大学・短期大学基準協会福治氏(元琉球大学財務担当理事)より、「財務の視点から見た研究基盤戦略に対する期待」をテーマにご講演いただきます。 ぜひ多数の方にご参加いただき、活発な議論の場としていただけましたら幸いに存じます。

1.日 時
2021年8月30日(月)17:30-19:30

2.場 所
オンライン会議 zoom
(参加登録者に当日までに会議IDとパスワードを送付いたします)

3.プログラム
「財務の視点から見た研究基盤戦略に対する期待」

1)「大阪大学での財務の視点からみた研究基盤戦略に対する期待(仮)」 
 大阪大学・財務部財務課長 
 平生 明義 様

2)「元国立大学理事からみた、財務の視点からみた研究基盤戦略に対する期待(仮)」 
 大学・短期大学基準協会
 福治 友英 様

4.ディスカッション(1時間)

5.申し込み先 研究・イノベーション学会 事務局
 e-mail office@jsrpim.jp

6.申し込み締め切り 
 2021年8月27日(金)

※学会員以外の方もご参加いただけますが、継続してご参加される場合には学会への入会をお願いしております。

Comments closed

研究基盤イノベーション分科会 令和3年度第3回例会のご案内

拝啓 時下ますますご清祥のことと、お喜び申し上げます。
研究基盤イノベーション分科会 令和3年度第3回例会を下記の通り開催いたします。
今回は、JST・CRDSの永野智己氏、および、東京大学の三田吉郎氏より、「日本の研究基盤エコシステムのあり方」をテーマにご講演いただきます。ぜひ多数の方にご参加いただき、活発な議論の場としていただけましたら幸いに存じます。

1.日 時
2021年7月15日(木)18:00-20:00

2.場 所
オンライン会議 zoom
(参加登録者に当日までに会議IDとパスワードを送付いたします)

3.プログラム

講 演 1)
「新たな研究を拓く機器開発とそのエコシステム形成」
永野智己 氏
(科学技術振興機構 研究開発戦略センター 総括ユニットリーダー・研究監)

講 演 2)
「武田先端知SCRにおける微細加工プラットフォームの新展開~機器共有から超分野先端知の涵養へ~」
三田吉郎 氏
(東京大学 大学院工学系研究科 准教授/d.lab 基盤デバイス研究部門長)

ディスカッション(1時間)

4.申し込み先 研究・イノベーション学会 事務局
e-mail office@jsrpim.jp

5.申し込み締め切り 
7月8日(木)

※ 詳細はこちらをご覧ください

Comments closed

「先端研究基盤共用促進事業(先端研究設備プラットフォームプログラム)」の採択機関の決定

国内有数の先端的な研究施設・設備について、その整備・運用を含めた研究施設・設備間のネットワーク構築し、全ての研究者への高度な利用支援体制を有する全国的なプラットフォームを形成することで、我が国の研究開発基盤の持続的な維持・発展に貢献することを目的とした「先端研究基盤共用促進事業(先端研究設備プラットフォームプログラム)」の採択機関が発表されました。

詳細は、こちら(文部科学省WEBページ)をご覧ください。

Comments closed